Social Work

Through a project “Ehon de Egao” we have a passionate vision to support children around the world to bring smiles on their faces.

Ehon de Egao (Metcha Books for Your Smile) Bio

“Ehon de Egao” is a humanitarian project started by a couple in 2011. Unprecedented scale of earthquake hit Eastern Japan on 11th March 2011, Mil and Shuichi Sakai came up with an idea of distributing heart-warming Metcha Books (story picture books) made by an artist Mil in the disaster-hit area. They knew a potential of healing property found in Metcha Books as each time they released new works of Mil, many audience came up to them and told that “I felt better and revived after viewing Mil’s work”.
By this project Mil is newly making “Metcha The Black Cat And His Friends” named Metcha Books series every year. By our supporters all over Japan and some other countries, we are providing these books by free to Eastern Japan, and Nepal where has been hit by big earth quake. Now the total amount has become 140,510 books.
“Ehon de Egao” is recognized as a humanitarian project (within a framework of 3.11 reconstruction project) and archived permanently by Ministry of Internal Affairs and Communications in 2015. 

A powerful earthquake hit Nepal in 2015. We decided to start distributing Metcha Books in Nepal. As the project went on, people started requesting to read Metcha Books in their own language. We come to meet a group of local volunteers to realize the “Ehon de Egao Nepal” called “Metcha For Your Smile Nepal”, participated by a local poet who understands Japanese took a part in translation, a local publishing company to minimize the cost of shipping books from Japan, a team of web & font designers, story tellers and people who distribute books to schools in the region. Now Metcha books are mainly distributed to Nepalese children who are difficult to get lovely picture books in Nepal.
Mil has been visiting Nepal 5 time since 2015, she is also distributing the books to the local school kids with them. 

People around the world have started to notice our project in Nepal. Through these experiences we come to believe that Metcha Books can reach out and resonate to all walks of life around the world and bring them emotional relief and vitality.

There are two types of programs you can choose to join “Ehon de Egao” project in Japan.

Both program A & B are open-ended which means you can join at any time of the year, and the funds paid in as participation are pooled to finance the project such as the production of Metcha books.

A.
JPY 3,500 / subscription, it provides 7 books at JPY 500 each. Publication is mainly distributed to Nepalese children who are difficult to get lovely picture books and the children living in the disaster-hit area in Japan. More people participate more books are published (higher the volume, lower the cost of printing) and more children enjoy Metcha books. 

In order to include your name in the supporter’s list on the book, you need to patriciate before 30th September. Metcha Books in Japanese and English version are distributed in December, the books in Nepali version are next around March. As a token of our appreciation, we put your name in the supporter’s list on the book, and you will receive a copy.

B.
On-line participation. You can purchase a book to donate at JPY 540 /copy (inclusive of shipping). Search “Metcha Book” on amazon.jp. Through this participation your name will not appear on the book as a supporter.

Payment coordination:
1) JP Bank,
Bank Code: 9900, SWIFT Code : JPPSJPJ1, Branch Code: 748, Saving Account : 68711191, Beneficiary’s name : Ehon de Egao.

2) Onga Shinkin Bank,
Bank Code: 1920, Branch Code : 006, Saving Account : 1202341, Beneficiary’s name : milart Shuichi Sakai.

「絵本deえがお」とは、さかいみるが描くメチャくんと仲間たち絵本を無料で東日本被災地へ贈ろうという考えで2011年3月に活動が始まりました。背景には、さかいみる作品に触れると「平和な気持ちで満たされ、笑顔になれる。」という感想をいただいてきているということがあります。一口3,500円でご参加を募り、国内外の被災地等メチャくん絵本を必要としている方々にオリジナル絵本を送る非営利プロジェクトです。

2011年から約合計140,510冊の絵本を東日本に、2015年6月からはネパールに、2016年6月からは熊本県に、2017年からパキスタンにもお送りしています。

プロジェクト概要
支援金はメチャくん絵本の印刷代・送料・年間を通しての活動費にあてられます。
ご参加いただいた方には、応援者としてのお名前が掲載された同じ絵本が1口(3,500円)につき1冊ご自分のお手元にも届きます。1冊500円(税抜・送料込)で購入していただく場合は、お名前の掲載はありません。
いずれの場合も売上は全て絵本の制作、活動費のために使われます。
毎年の絵本のお名前掲載の締め切りは10月31日お申し込み分までとなっております。それ以降の方は翌年の絵本に掲載させていただきます。
ご参加ご希望の方はehon@milart.infoまでご希望口数、お名前、ご住所、お電話番号をお知らせください。折り返しメールでご連絡させていただきます。
ご購入で支援参加していただく場合アマゾンからどうぞ。

配本について
事務局から直接お送りします。その他に、宮城県子育て支援施設「のびすく仙台」さん「のびすく若林」さん、福島県「たんぽぽサロン」さん、個人で活動してくださる方、東北のいくつかの信用金庫さん、ネパールの事務局から病院、学校、図書館、孤児院、シアター、NGO JEN等から配布。

メディア
毎日新聞、河北新報、西日本新聞、FBS福岡放送、ネパールテレビ等。

2015年1月に総務省のプロジェクトの一環である「東日本大震災アーカイブ宮城」に
絵本「きみのこととってもすきさ」と「ありがとう」が掲載・永年保存されることが決定。

“Latest Updates” から子供達の写真をご覧いただけます。

“Metcha Kids Books” からVol.01〜Vol.06までの絵本をPDFでご覧いただけます。

沿革
2011年3月
代表 境修一郎の発案で「絵本deえがお」実行委員会を立ち上げる。全国から約70名の方が参加してくれて、A6サイズ絵本「きみのこととってもすきさ」を10,000冊東北にお送りする。

2012年8月
第2回では、約90名の方のご参加で、絵本「ありがとう」A6サイズ7,000冊、A4サイズ500冊、オリジナルCD100枚を東北にお送りする。

2013年9月
第3回では、200名以上の方のご参加で、絵本「きみのともだち」A6サイズ20,000冊、A4サイズ1,000冊を東北にお送りする。

2014年12月
第4回では、約130名以上の方が参加してくれて、絵本「ぼくがうまれたひ」A6サイズ20,000冊、A4サイズ1,000冊を東北にお送りする。

2015年6月
ネパールのナガルコットとダディン郡の地震で壊れた小学校に通うこどもたち、カトマンズモールの「Childrens Theater」のプログラムに参加するこどもたちに、絵本「きみのともだち」と「ぼくがうまれたひ」A6サイズ200冊、A4サイズ70冊、ポストカード420枚をお送りする。

2015年8月
ネパールのカトマンズにある病院 “Annapurna Neurological Institute and Allied Sciences Maitighar” に、絵本「きみのともだち」と「ぼくがうまれたひ」を約500冊とポストカード140枚をお送りする。

2015年12月
第5回では、約200名以の方のご参加で、絵本「はじめまして」A6サイズ16,000冊、A4サイズ1,000冊を東日本にお送りする。

2016年5月
ネパール語版「ナマステ」A5サイズ5,000冊を現地で印刷し学校、病院、図書館、孤児院等で配布。

2016年6月
熊本県に絵本「はじめまして」約A6サイズ650冊、A4サイズ300冊を送りする。

2016年12月
第6回では、約200名以の方のご参加で、絵本「おてがみ」A5サイズ16,000冊を東日本、熊本県にお送りする。

2017年1月
「おてがみ」のネパール語版「チッティ」A5サイズ5,000冊がネパールで印刷完成。病院、学校、図書館、孤児院、シアターで配られ、ワークショップが行われている。

2017年8月
ロシアの図書館に絵本「おてがみ」10冊寄贈。

2017年9月
ネパールカトマンズに「絵本deえがお NEPAL」事務局設置。
ネパールの出版社 Educational Publishing House から’Namaste’ ‘Chitti’ が出版される。印税は全てネパールでの活動費に充てられる。

2017年11月
絵本「おてがみ」の日本語・英語版50冊がNGO JENによってパキスタンに届けられる。

2017年12月
第7回では、約200名以の方のご参加で、絵本「ピクニック」A5サイズ16,000冊を東日本、熊本県に順次お送りしているところ。

2017年12月
「ピクニック」ネパール語版「バンボーズ」制作中。

Contact Address

Feature Video   view all

Metcha Stickers   Download

Metcha Stickers